世界中で本棚を持ち歩けることになる

 

約、3000冊あった書籍や、書類もやっと、デジタル化に成功しました。(自炊)いやー結構しんどかった、一冊100円で頼べばよかったと何度もおもいました。けど、今は、スーパー満足しています。ていうのも、部屋がスーパースッキリしましたし、なにより、どこでも、ipadにて読書出来ることです。一つ欠点は、どこでも読める代わりに、同時に2,3冊を広げて読めないことです。あんまりしないし、もう一個ipad買い増しすればいいんやけど、、今のとこ次期ipadが出るまで買い増しは考えてないけど。

それよりも、どうしても今のとこ捨てられへん本が背表紙なしで残ってますが思いきるべきかちょっと、迷ってます。

 

なにわともあれ、これで、世界中で本棚を持ち歩けることになる、最高。

使用した、ドキュメントスキャナーはscansnap1500 楽々ライブラリはインストールしたけどipadで閲覧メインなので今後使うことはほとんどなさそう。

FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500

FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500

販売価格 : 40,281円
【この商品の詳細はこちら】

大量の書類を電子化し、活用したい方に
大量の書類もワンプッシュの簡単操作でスピーディーに読み取り。 進化した自動化機能でオフィス業務の効率化と生産性を向上。 幅広いデータ活用を実現した、ビジネスユースの先進モデル。

毎分20枚・40面の高速読み取りを実現
A4カラー両面原稿で毎分20枚・40面の高速読み取りを実現。 「自動解像度モード」の搭載により、最適な解像度を自動で選択するので、より簡単に読み取ることができる。

A4サイズ原稿を50枚までセット可能
A4サイズ原稿を最高50枚※1まで一度にセット可能。 原稿の傾き補正、向き補正、白紙ページ削除などの自動化機能を搭載。名刺やハガキも読み取ることができる。
※1 設定により50枚以上の継続読み取りもできる。

Windows/Mac OS両方のScanSnap Managerをバンドル
S1500シリーズには、Windows専用 および Mac専用のScanSnap Managerを標準添付。 1台のScanSnapで、WindowsユーザーもMacユーザーも読み取り機能(ScanSnap Manager) を利用できるため、 オフィスワークの利用シーンに合わせて使い分けることが可能。

スピーディー&自在な操作を実現する「クイックメニュー」を採用
「スキャン」ボタンをワンプッシュして原稿を読み取ると、クイックメニューが表示。 あとは希望の処理を選択するだけ。初めての方でもすぐに使いこなせるやさしい機能。

  • 指定したフォルダ保存 読み取った原稿のイメージデータ※2を作成し、指定したフォルダ(共有フォルダ)に保存。情報共有に利用。
  • メールで送信 読み取った原稿からイメージデータ※2を作成し、メールに添付した状態でメールソフトを起動。データの配布に便利。
  • プリンタで印刷 読み取った原稿のイメージデータ※2を、プリンタで印刷。コピー機代わりとしても活用可能。
  • Word/Excel/PowerPoint文書に変換 編集したい原稿をスキャンし、直接「Word文書」「Excel文書」「PowerPoint文書」に変換。 変換したデータは、あとから文字やレイアウトを修正し新しい文書に仕上げることが可能。
    ※2 PDF/JPEGとも処理できる。



  • 価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。商品の販売においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

    Comments

    No Comments

    Leave a reply

    Name *

    Mail *

    Website